パイオニア身体で聴こう音楽会のお知らせ



(イ)定期コンサート新しい年になって3月までのスケジュールです。いずれも目黒駅から歩いて10分のパイオニア本社で。開場13時30分、開演14時、終演が16時です。
 ヘッドホンで音を聴きながら全身で振動を感じる専用席の他に振動ポーチや振動座布団を使った簡易席もあります。
 Tコイルつき補聴器をお使いの方のために磁気ループシステムも動いていますし、難聴者が音楽を楽しむための全てのシステムが動員されます。
 難聴だからと諦める人が多いのですが、何事も試してみることです。人工内耳の方で欠かさず通っておられる方もいらっしゃるようです。
 FAXによる予約が必要です。詳しいことはパイオニア(株)身体で聴こう音楽会ホームページを御覧下さい。

@1月27日(土)手話ライブコンサート
 今回で8回目になるフラワーメイツによる手話コーラスです。曲目はLOVE LOVE LOVE、なごり雪、傷だらけのローラ、森の熊さん、百万本のバラ、愛の賛歌、こんにち赤ちゃん 他

A2月25日(日)Listen by Heart〜私たちが伝えたいもの 洗足学園音楽大学音楽学部延原ゼミの皆さんによる演奏です。
 二部構成になっていて、一部は既製曲にアレンジを加え、目で楽しめる工夫をくわえたものです。二部は打楽器と歌を中心に聞き慣れた曲に新しい編曲を加えて新鮮な表現をしてみました。
 曲目は、映画「ハウルの動く城」から「人生のメリーゴーラウンド」
     映画「美女の野獣」から「Beauty and Beast」アメージンググレイス
     映画「ライオンキング」から「愛を感じて」 
     ミュージカル「Miss Saigon〜ミスサイゴン」から「The Last Nightof the World〜世界が終わる夜のように」
     打楽器による「アフタースチューバニック」、「オペラ座の怪人」から「そりすべり」
     映画「リトルマーメイド」から「Under the Sea」他

B3月17日(土)坂入姉妹の童謡れあいコンサート
 童謡は日本人の心のふるさと。心に響く童謡の世界を皆で楽しみましょう。
 曲目は故郷、花、七つの子、みかんの花咲く丘、涙そうそう、デイズニーソング、ドレミの歌、わらべうた 他
  *坂入恵美(メグミ)坂入真紀、共に東京音楽大学声楽科卒。在学中から数々のコンクールで受賞し、全国でコンサ     ートを開いています。CDつき著書「童謡であ日に帰りたい」があります。

(ロ)外部ホールでのコンサート
 1月23日(火)トレイルブレイザーズ・テンピーズ・ブラスによるコンサート
 上野公園内 東京文化会館 小ホール 開場18時30分、開演19時
 曲目はファンシーフライト/後藤洋(委託新作、世界初演)
    英国の賛美歌による変奏曲/フィリップ・スパーク
     (テンピース版世界初演) Euphonium solo:黒沢ひろみ
    三つのロンドンの情景/フィリップ・スパーク
    シティ・クルーザー/ゴフ・リチャーズ(テンピース版世界初演)
    スペシャル・ブレイス/ゴフ・リチャーズ作曲 山里佐和子編曲
    ウルトラマンメドレー(生誕40周年を讃えて)/佐野聡編曲
    交響組曲「宇宙戦艦ヤマト」/宮川泰作曲 石田忠昭編曲

 入場料は前売り3千円、当日3千5百円ですが、体感音響システム20席に聴覚障害者を無料招待します。詳しいことは(株)パイオニア、身体で聴こう音楽会ホームページで。

 

 

直線上に配置
 

 補聴機器勉強会 ホームに戻る