またまた人工内耳成功のこと




 この11日、近県の難聴者団体の役員会がありました。役員のお一人が人工内耳を入れたばかりで、早速会長さんの御指命で結果報告となりました。
 人工内耳を入れるくらいですから、よくよく聞こえなくなっていることは皆さんご存じです。
 その辺から語り出して、手術が終わり、始めての音入れで「○○さん聞こえますか?シッカリ聞き取れました」で、いっせいに拍手が湧き起こりました。

 役員の皆さんの食いつくような目つきが一瞬溶けて、その嬉しそうな顔。「聞こえたんだ。よかった!」という仲間の思い。私も森脇さんで同じ感動を味わっていますが、こんな場面は何度見てもいいものですね。


直線上に配置


補聴機器勉強会 に戻る