0424 体温を上げると血圧が下がった話



 0413で「高血圧を薬で下げるな」を書きました。そして[朝食をやめて健康になる]という本も紹介しました。三鍼法の先生から「ゆっくりでいいから一日一食にしてみなさい」と指導されていただけに早速実行に移しました。しかし、問題が一つありました。この本では朝食を抜く代わりに一日チビチビ水を飲みなさいとあります。その結果私はまたまた便秘で悩むことになりました。

 石原結実先生の御本によれば必要以上に水を飲むことは体を冷やす。便秘にもなる。何事も行きすぎはよくないよ。頂門の一針とはこのことです。頭一つガツンとやられた気分でした。

 その後は朝起き抜けに生姜入り蜂蜜入り紅茶を飲む。朝食代わりに人参とリンゴのジュースを飲む。昼は軽く盛りそば一枚。夜は極く当たり前の日本食(一汁一菜の感じ)を続けました。

 半年目に入った今は平均体温は確実に一度上がりました。石原先生の最近の著作に[体温が1℃上がると人生が変わる病気が直る]というのがありますが今の私が正にそうです。本当に人生が変わるかこれからが楽しみです。

 思いついて血圧を測ってみました。起き抜けが一番高いときですが、それが140を切っているのです。「ホントカイ?」とそれから一週間朝晩測ってみました。大抵130〜145あたりで、時には160というときもありますがゆっくり深呼吸をすると150に下がる。もう一度深呼吸すると140に下がります。

 これは期待もしない、思ってもみなかった朗報でした。何故か?と言うことについては皆さんも石原先生の本を読んでみて下さい。図書館から借りて来た3冊を並べてお目にかけます。

体温を1℃上げれば人生が変わる病気が治る

カラダ「毒抜き」革命

老化は体の乾燥が原因だった

 

 

直線上に配置
 
御老人への補聴器のすすめ に戻る

 補聴機器勉強会 ホームに戻る