0405 新宿区の補聴器支給



 ニュース欄でお知らせしましたが、もう少し詳しく内容を御紹介しましょう。対象になるのは70才以上で難聴がありながら聴力が70デシベルに達しないために障害者手帳を貰えない人。いわゆる中軽度難聴でこれまで何の補償も得られなかった人です。

  電話で予約して毎週水曜日午後本人と面接の上受付を致します。病院で聴力検査を受けて、区が入札で決めた補聴器販売業者から品物を受け取るという段取りのようです。本人の負担額は2千円。5年に一度の支給。耳掛け型か箱形のアナログ式で片耳に限るという制限があります。耳穴式・デジタル式・両耳仕様は不可ということですが、これは我々にも十分納得できる経費上の制限のように思われます。どうせなら病院に行かずに窓口で受け付けるときに検査を済ませてOKとなるよう希望したいところです。

  昨夜(19日)の東京都中途失聴者難聴者協会事務局での会合では新宿区の他にも実行している区があるらしく、これから情報として入って来次第お知らせします。良き前例になって全国規模で広まって欲しいものですね。

直線上に配置
 

御老人への補聴器のすすめ  に戻る

 補聴機器勉強会 ホームに戻る