0217 ミニ磁気ループが認められ出しました



 5〜10W級の磁気ループセットを作った4年前は難聴者団体の誰もが相手にしてくれませんでした。磁気ループといえば60Wクラス以上のものばかりでしたから、こんな小さなものはオモチャに見られてもしようがないところがありました。

 それで3年の間30W級のセットをあらゆるところで実演して見せて、200人くらいの集まりならこれで十分ということを納得して貰いました。
 今年の夏以降は10人以下の集まりでも磁気ループがあるとないとでは大違いと言うことが知れてきて俄然スモールサイズの人気が出てきました。昨年の夏からこのホームページがスタートしたわけですが、丁度一年経って認められ出した感じです。

 そうなると面白いもので、ほんの4〜5人用、もっと小さくて2〜3人用の相談すら受けるようになりました。それも複数の健聴者の会議に一人の難聴者が入り込みたいとか、逆に発言者が健聴者一人でその話を複数の難聴者が、あるいはイアホンで、あるいは首掛けループなどで好きなように聞きたいとか、要求が多彩になってきました。

 人数が少ないとループを張る必要だけ余計です。一本の線で用が足ります。4年前に横浜市の難聴者協会の会員から「紙コップを使うモシモシ電話みたいな素朴な対話器が欲しい」と言われて「そんなことわけないけど本当にそんな物いるの?」と手を出しかねていたのですが時代が変わってきたらしいですね。

 難聴者だけが群れるのではなくて、こちらが一人でも進んで健聴者の集まりに入って行きたい。そのための道具がいる。そう言われると張り合いが出てきます。ヨーシ、やってやる。
 このホームページでは380から始まって可愛いアンプばかり紹介してきましたが、これらが唯の実験や遊びでなくて実用機として闊歩できる世の中になったのです。読者の皆さんもこのHPを下敷きにして応用の羽根を拡げることを試みては頂けませんか。



直線上に配置
 

自作器をこう使う に戻る 

 補聴機器勉強会 ホームに戻る