0203 あなたのテスターはどうなってますか?



 この欄をお読みになる方なら工具一式とテスターくらいはお持ちの筈です。そのテスターですが、この講座を進めると抵抗レンジとしてどうしても1Ωから20Ωくらいの範囲を正確に読む必要が出てきます。それと直流数Aのレンジも必要です。

 一桁の抵抗が読めるアナログテスターは結構な値段がします。高感度のメーターを使っていますからデリケートでもある。私が使っていたテスターはトントン叩いてやらないと動かないようになって秋葉原で修理に出そうとしたら1ケ月預かると言います。10Aが測れるデジタルテスターもつきあいの良いヤツで殆ど同時に動かなくなりました。

  修理に出している間代わりがいるなーと秋月電子通商に行って、MAS830Lというデジタルテスター(1100円)と1015Bというアナログテスター(600円)を求めてきました。修理に出すとなると荷造り費と運賃が加わって少なくとも2000円かそれ以上のお金はかかる筈です。1100円と600円なら何が起きても腹は立たないと思いました。

 安物と舐めていたのにこの二種の働きたるや大したもので、精度と言い使い勝手と言い言うところなしです。正直言うと1015Bは買って間もなく動きが止まりました。ダメモトと試しに秋月に持っていったらアッサリ交換してくれたのには感心しました。気に入った…と、もう一台買い足して、その後は3台とも元気に働いてくれています。高価なテスター2台は可哀相ですが修理に出す機会はなさそうです。

  その後M290という超薄型のデジタルテスター(2300円)を追加しました。これは常に通勤鞄のポケットに入っていて出先での専用にしています。二人の兄貴から見れば少し高いけどポケット電卓なみのスベースで済むのが重宝するところです。



直線上に配置
 

自作器をこう使う に戻る

 補聴機器勉強会 ホームに戻る