0150 ソラシリーズ物語(12)
    遊び心で「なんでもソラ」



 万能基盤の機能をフルに動員すれば写真のようなものができます。このシリーズを通して御覧になって来られた方なら4枚の写真で全てお察し頂ける筈ですが簡単に説明しましょう。
ソラ正面
@正面にはイアホンのジャックがあります。これに0148で紹介したプラグアダプターを差し込めば二人で聞けます。

ソラ側面A左側面を見ましょう。右側の「ループ」と記してあるジャックは0223で書いたタイループ(首掛け式のループ)用です。磁気ループからの信号はイアホンで聞いた方が絶対に音は良いのですが、毎日耳につけている補聴器の音に慣れきってしまうとイアホンに替えるのが面倒くさい、補聴器経由で聞きたいとおっしゃる方が少なからずおります。そのときはこのループを首に掛けて補聴器のテレホンコイルで聞けるようにしています。

B左側のジャックが磁気ループ受信コイル用です。0221で紹介したコイルを差し込めば磁気ループの信号が聞けます。どんな高価な補聴器と比較しても音量・音質ともこちらが格段に優れていることを保証します。
ソラ側面2
C次に右側面を見てください。マクイロホン用のジャックが二つあります。左がこのシリーズで散々書いてきたシリコンマイク用です。右がコンデンサーマイク用ですが電源を内蔵させていますから、いわゆる「プラグインタイプ」と称しているコンデンサーマイクも使えます。

Dこれらは一緒に動かして構いません。複数のイアホン・タイループ・磁気コイル・2種類のマイクロホン、すべて同時使用ができます。コイル・シリコンマイク・コンデンサーマイクは夫々感度が違いますから内部で条件をほぼ揃えてあります。だから、頻繁にボリウムをいじる必要はまずありません。

ソラ内部 これ一つで何でも用が足りるよう私の自家用として作り、常に持ち歩いているものです。
ジャックの形が全て同じですから心得た人でないと差込みを間違える可能性が大変に高い。その危険性を考えて森脇さんも商品にはしないとはっきり言っています。少し残念なところがありますが彼の言うことが正解なのでしょう。勘違いして「どうしてくれる!」と苦情を申し込まれることが多々あることが想像できますからね。

 だからこの作品は「遊び」として紹介しました。ドラエモンから失敬した名前をつけたりして御免なさい。




 

直線上に配置
 
自作への道 に戻る

 補聴機器勉強会 ホームに戻る