0143 ソラシリーズ物語(5)
   ケースのバリエーションを考える



 タカチ(TAKACHI)から出ている単三あるいは単四乾電池2本が使えるケースのバリエーションを御披露します。万能基盤用としてお勧めです。タカチのケース

 上段の4個は[HA1593]シリーズです。巾6.5cm厚さ2.8cmが共通で、長さだけが違います。
 左からPG型(長さ9.1cm)、PB型(色が黒)、QG型(長さ11cm)、YG型(長さ14cm)です。

 下段は単四専用の厚みが薄いタイプです。電池と基盤と小型ボリウムとジャック二つで満員になるので、HA1593シリーズのように多目的な応用は利きませんが、目的を限って持ち歩きが便利な方が良い場合はこちらをお使い下さい。

 左はLM−100G型(長さ10cm、巾6.1cm、厚さ1.9cm)です。真ん中はSW−N95G(長さ9.5cm、巾5.8cm、厚さ1.8cm)。右側はこのケースの中味です。
 万能基盤は元々LM100GもしくはHA1593シリーズに合わせてサイズを決めたのでSW−N95Gのことは考えていませんでした。基盤の両脇をヤスリで削って1mm減らさないと収まらないのです。惜しいことをしましたが今更どうしようもありません。
 自家用で、ハラワタが見えるのが当たり前で、できるだけコンパクトに仕立てたい時はお試し下さい。電池交換用の蓋がないだけ値段も飛び切り安いので、実は私も自家用としてこのケースを使っています。

 

直線上に配置
 
自作への道 に戻る

 補聴機器勉強会 ホームに戻る